静岡県にある正規ディーラー スズキ販売新静岡ではクルマ(小型車・軽自動車)の情報がもりだくさん。
女性にオススメの情報もあります!静岡といえば、富士山とお茶、そして、スズキ販売新静岡です♪

新車1・6ヵ月無料点検

「新車1か月無料点検」は、新車でご購入されたお車に対してスズキが指定している点検です。

エンジンルーム点検ブレーキ液

機能・役割
ブレーキペダルを踏む力を油圧で伝えて、ブレーキを作動させるのがブレーキ液です。
交換しないとどうなるか
ブレーキ液が劣化するとブレーキ性能が低下します。
交換の目安
車検ごとに交換しましょう。

エンジンルーム点検バッテリー

機能・役割
発電機で作られた電気を貯えて、各部品へ電気を送るのがバッテリーです。
交換しないとどうなるか
長期間交換しないとエンジンのかかりが悪くなったり、かからなくなったりします。また、バッテリー液が不足した状態で使用を続けると、バッテリーが破裂する恐れがあります。
交換の目安
2~3年ごとに交換しましょう。また、エンジンのかかりが悪くなったり、ライトが暗くなったりしたときも交換の目安です。

エンジンルーム点検フューエルホース

機能・役割
燃料の通路として、フューエルタンクとエンジンをつなぐホースがフューエルホースです。
交換しないとどうなるか
フューエルホースに劣化、亀裂があると、燃料漏れが発生し、最悪の場合は車両火災を起こす恐れがあります。
交換の目安
劣化、亀裂が無いか、定期的に点検し、不具合があった場合には交換しましょう。

エンジンルーム点検エンジンオイル

機能・役割
エンジン性能を維持するために、エンジン内部で金属部品の磨耗を防ぐ働きをするのがエンジンオイルです。
交換しないとどうなるか
長期間オイル交換をしないまま乗り続けると、燃費やエンジンの調子が悪くなり、最悪の場合エンジンが壊れることがあります。
交換の目安
軽自動車は2,500~10,000km、小型・普通車は7,500~15,000km走行ごとに交換をお勧めします。また、走行距離が少ない場合も3ヶ月~1年ごとの交換をお勧めします。
*車種、エンジン、使用状況により交換時期は異なります。

エンジンルーム点検Vベルト

機能・役割
発電機、エアコン、パワーステアリング、エンジン冷却水を循環させるポンプなどの装置は、エンジンの駆動力を利用しています。この駆動力を、各部へ伝達するのがVベルトです。
交換しないとどうなるか
ベルトが滑ったり、切れたりすると、それらの装置が働かなくなり、最悪の場合走行できなくなります。
交換の目安
エンジン始動時、雨天時や水溜り走行時などにエンジンルームから異音がするときは、点検を行い、必要に応じて交換しましょう。

下回り点検ブレーキホース

機能・役割
ブレーキペダルと車輪にあるブレーキをつなぐホースがブレーキホースです。
交換しないとどうなるか
ブレーキホースは、タイヤの近くに付いているため、石などが当たることが多く、また、ハンドル操作や路面の状態により伸び縮みするため、傷や割れがあるとその進行が早くなります。もし、ホースが損傷してブレーキ液が漏れると、ブレーキが効かなくなり非常に危険です。
交換の目安
商用車は4年ごと、乗用車で悪路走行や登降坂路などの激しい使われ方が多い場合は、車検2回ごとに交換しましょう。また、定期的に点検を行い不具合があれば交換しましょう。

下回り点検MTオイル及びトランスファオイル

機能・役割
MT(マニュアル・トランスミッション)とトランスファの金属部品の磨耗を防ぐ働きをするのがMTオイル及びトランスファオイルです。
交換しないとどうなるか
性能が低下すると走行中に異音がして、最悪の場合は部品が破損します。
交換の目安
4万km走行ごとに交換しましょう。ただし、悪路走行や登降坂路などの激しい使い方が多い場合は、2万km走行ごとに交換しましょう。

下回り点検ディファレンシャルオイル

機能・役割
ディファレンシャルは、車がカーブを曲がるとき、スムーズに走るための装置です。この装置の金属部品の磨耗を防ぐ働きをするのがディファレンシャルオイルです。
交換しないとどうなるか
性能が低下すると走行中に異音がして、最悪の場合は部品が破損します。
交換の目安
4万km走行ごとに交換しましょう。ただし、悪路走行や登降坂路などの激しい使い方が多い場合は、2万km走行ごとに交換しましょう。

下回り点検エンジンオイル

機能・役割
エンジン性能を維持するために、エンジン内部で金属部品の磨耗を防ぐ働きをするのがエンジンオイルです。
交換しないとどうなるか
長期間オイル交換をしないまま乗り続けると、燃費やエンジンの調子が悪くなり、最悪の場合エンジンが壊れることがあります。
交換の目安
軽自動車は2,500~10,000km、小型・普通車は7,500~15,000km走行ごとに交換をお勧めします。また、走行距離が少ない場合も3ヶ月~1年ごとの交換をお勧めします。
*車種、エンジン、使用状況により交換時期は異なります。

エンジンルーム点検Vベルト

機能・役割
発電機、エアコン、パワーステアリング、エンジン冷却水を循環させるポンプなどの装置は、エンジンの駆動力を利用しています。この駆動力を、各部へ伝達するのがVベルトです。
交換しないとどうなるか
ベルトが滑ったり、切れたりすると、それらの装置が働かなくなり、最悪の場合走行できなくなります。
交換の目安
エンジン始動時、雨天時や水溜り走行時などにエンジンルームから異音がするときは、点検を行い、必要に応じて交換しましょう。

エンジンルーム点検ブレーキ液

機能・役割
ブレーキペダルを踏む力を油圧で伝えて、ブレーキを作動させるのがブレーキ液です。
交換しないとどうなるか
ブレーキ液が劣化するとブレーキ性能が低下します。
交換の目安
車検ごとに交換しましょう。

エンジンルーム点検バッテリー

機能・役割
発電機で作られた電気を貯えて、各部品へ電気を送るのがバッテリーです。
交換しないとどうなるか
長期間交換しないとエンジンのかかりが悪くなったり、かからなくなったりします。また、バッテリー液が不足した状態で使用を続けると、バッテリーが破裂する恐れがあります。
交換の目安
2~3年ごとに交換しましょう。また、エンジンのかかりが悪くなったり、ライトが暗くなったりしたときも交換の目安です。

エンジンルーム点検フューエルホース

機能・役割
燃料の通路として、フューエルタンクとエンジンをつなぐホースがフューエルホースです。
交換しないとどうなるか
フューエルホースに劣化、亀裂があると、燃料漏れが発生し、最悪の場合は車両火災を起こす恐れがあります。
交換の目安
劣化、亀裂が無いか、定期的に点検し、不具合があった場合には交換しましょう。

エンジンルーム点検エンジンオイル

機能・役割
エンジン性能を維持するために、エンジン内部で金属部品の磨耗を防ぐ働きをするのがエンジンオイルです。
交換しないとどうなるか
長期間オイル交換をしないまま乗り続けると、燃費やエンジンの調子が悪くなり、最悪の場合エンジンが壊れることがあります。
交換の目安
軽自動車は2,500~10,000km、小型・普通車は7,500~15,000km走行ごとに交換をお勧めします。また、走行距離が少ない場合も3ヶ月~1年ごとの交換をお勧めします。
*車種、エンジン、使用状況により交換時期は異なります。

エンジンルーム点検冷却水 (LLC)

機能・役割
エンジンの温度が高くなり過ぎるとオーバーヒートが起こります。このエンジンの熱を下げるのが冷却水です。
交換しないとどうなるか
長期間交換しないと、錆や凍結が発生し、水が循環しなくなるため、オーバーヒートを起こして、エンジンが壊れる恐れがあります。
交換の目安
車検ごとに交換しましょう。寒冷地での使用が多い場合には、濃度を高めにした冷却水に交換しましょう。

エンジンルーム点検Vベルト

機能・役割
発電機、エアコン、パワーステアリング、エンジン冷却水を循環させるポンプなどの装置は、エンジンの駆動力を利用しています。この駆動力を、各部へ伝達するのがVベルトです。
交換しないとどうなるか
ベルトが滑ったり、切れたりすると、それらの装置が働かなくなり、最悪の場合走行できなくなります。
交換の目安
エンジン始動時、雨天時や水溜り走行時などにエンジンルームから異音がするときは、点検を行い、必要に応じて交換しましょう。

足廻り点検タイヤ

機能・役割
車が「走る」、「曲がる」、「止まる」ために、路面にその力を伝えるのがタイヤです。
交換しないとどうなるか
溝が浅いタイヤは、止まる距離が長くなるのはもちろん、雨の日、特に高速走行でハンドル操作がきかなくなる恐れがあります。また、タイヤの空気圧不足は、乗り心地と燃費を悪くするだけでなく、タイヤが走行中に破裂する場合があり、非常に危険です。
交換の目安
タイヤローテーションは、走行5千kmごとに行いましょう。また、定期的に点検を行い、交換時期は「スリップサイン」を目安にし、溝が深い場合でも、亀裂や損傷がある場合は、新品に交換しましょう。

足回り点検ホイールのボルト、ナットの緩み

機能・役割
交換しないとどうなるか
交換の目安

下回り点検ブレーキホース

機能・役割
ブレーキペダルと車輪にあるブレーキをつなぐホースがブレーキホースです。
交換しないとどうなるか
ブレーキホースは、タイヤの近くに付いているため、石などが当たることが多く、また、ハンドル操作や路面の状態により伸び縮みするため、傷や割れがあるとその進行が早くなります。もし、ホースが損傷してブレーキ液が漏れると、ブレーキが効かなくなり非常に危険です。
交換の目安
商用車は4年ごと、乗用車で悪路走行や登降坂路などの激しい使われ方が多い場合は、車検2回ごとに交換しましょう。また、定期的に点検を行い不具合があれば交換しましょう。

下回り点検MTオイル及びトランスファオイル

機能・役割
MT(マニュアル・トランスミッション)とトランスファの金属部品の磨耗を防ぐ働きをするのがMTオイル及びトランスファオイルです。
交換しないとどうなるか
性能が低下すると走行中に異音がして、最悪の場合は部品が破損します。
交換の目安
4万km走行ごとに交換しましょう。ただし、悪路走行や登降坂路などの激しい使い方が多い場合は、2万km走行ごとに交換しましょう。

下回り点検ディファレンシャルオイル

機能・役割
ディファレンシャルは、車がカーブを曲がるとき、スムーズに走るための装置です。この装置の金属部品の磨耗を防ぐ働きをするのがディファレンシャルオイルです。
交換しないとどうなるか
性能が低下すると走行中に異音がして、最悪の場合は部品が破損します。
交換の目安
4万km走行ごとに交換しましょう。ただし、悪路走行や登降坂路などの激しい使い方が多い場合は、2万km走行ごとに交換しましょう。

下回り点検エンジンオイル

機能・役割
エンジン性能を維持するために、エンジン内部で金属部品の磨耗を防ぐ働きをするのがエンジンオイルです。
交換しないとどうなるか
長期間オイル交換をしないまま乗り続けると、燃費やエンジンの調子が悪くなり、最悪の場合エンジンが壊れることがあります。
交換の目安
軽自動車は2,500~10,000km、小型・普通車は7,500~15,000km走行ごとに交換をお勧めします。また、走行距離が少ない場合も3ヶ月~1年ごとの交換をお勧めします。
*車種、エンジン、使用状況により交換時期は異なります。

外廻り点検灯火類

機能・役割
夜間走行するための視界を確保したり、他の車などに自分の存在や動きを知らせたりするのが灯火類です。
交換しないとどうなるか
どのバルブが切れても、夜間の視界が確保できず危険なのはもちろんのこと、自分の存在や動きを相手に知らせることができず非常に危険です。
交換の目安
日常点検を行い、バルブが切れたら、すぐに交換しましょう。
閉じる